--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04.12

Red Dragon (レッド・ドラゴン)

昨夜、TV3で放送がありました。
一連の「レクター博士」ものの、話としては第一弾、アンソニー・ホプキンスのレクター博士は、これが三作目ということになりますね。

レッド・ドラゴン

発売日 2005/04/08
売り上げランキング 2,656


Amazonで詳しく見るB00081U4O8

この映画、本来の主人公はエドワード・ノートン演じるウィルというFBI捜査官なのですが、やはりアンソニー“レクター”ホプキンスの存在感というのは、すごいものがあると感じましたね。

ところで、Amazonで、「レッドドラゴン」で検索したところ、最初で出て来たのがこのDVD。

レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙

発売日 2005/04/28
売り上げランキング 3,603


Amazonで詳しく見るB0007WZU38


ご存知の方も多いかと思いますが、「羊達の沈黙」の前に映画化されていたのがこちらの作品。Amazonに掲載されていた解説によると、

『羊たちの沈黙』以前にマイケル・マン監督が手掛けたトマス・ハリス原作のサイコ・サスペンスで、劇場公開時の邦題は『刑事グラハム 凍りついた欲望』。

うーん。『凍りついた欲望』ねぇ…。おそらく、原題の「レッド・ドラゴン」では、なんのこっちゃよくわからないだろうということで、このような邦題になったものと思いますが、なんかすごくB級映画っぽいタイトルという気が…。
さらに、改題されたタイトル『レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙』の『沈黙』っていうのをあえてつけちゃうあたり、逆に二番煎じって感じが漂ってしまって、知らない人が見たら、逆に便乗映画?なんて思ってしまうのではないかと心配になってしまいます。

こちらの作品、私は未見なのですが、どのような映画になっているのか、ちょっと興味があります。日本に戻ったら、ちょっと見てみようかなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/91-4aee2cc3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。