--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.03.28

英語でブログはいいけれど

なんかおもしろいネタはないものか…と、思ってネットを見ていたときに見つけたニュース。

ナニカ、Blog の英訳サービス「eigolog」を開始 (japan.internet.com)

どういう人が使うんでしょうか…

最初、この記事のタイトルだけを見たときに「まさか、機械翻訳?だとしたら、通じる英語にならないのでは?」と思ったのですが、どうやら、人がちゃんと翻訳してくれるそうな。
実際のサイトは、ニュースページからリンクがありますので、興味のある方はどうぞ。ただし、無料サービスではないです。

確かに、今では企業でブログを利用しているところもありますので、そいうところで、なおかつ専門家を雇う余裕がない…というところであれば、利用価値はあるかもしれません。でも、本格的に海外にも情報を…と考えるのであれば、やはり”自前”でやることを考える必要があるのではないでしょうか…。

一方で、個人会員も受け付けているようですが、個人でわざわざお金をかけてまで英語で発信したい情報をブログで公開している人って、どれくらいいるのでしょうか?
特に日本では、情報発信という観点よりも、日記の延長というパターンの利用者が圧倒的に多いと思うのですがね・・・。

どう思います?
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/84-9e1a96af
この記事へのトラックバック
ナニカという会社が、日本語で書かれたブログを英訳してくれるらしい。サービス名は eigolog。英語できる奴には不要のサービスのような気がするが、このサービスの必要性についてちょっと考えてみた。1.学会関係や学術関連のブログでネイティブのプルーフリーディングが必要
日本語で書いたブログを英訳して更新代行 | 料理を作って奥さんに自慢しよう at 2005.03.28 23:28
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。