--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.18

Jumper(ジャンパー

Jumper「おぅ、そこにおいてある俺のジャンパー、とってくれねぇか?」
「はいはい…って、あんた、それを言うならジャンバーだろう?」
「てやんでぇ。ジャンパーっていったら、ジャンパーなんでぇ、べれんめぇ!」

なんていう会話を思い浮かべた似非江戸っ子のnzsheepです。いまどき、ジャンバーっていう言い方すらしないような気もしますが…

それはともかく、今回見た映画は「Jumper」です。テレビのコマーシャルを見たときには、なかなかおもしろそうじゃない?ちょっと映画館で観てみるか?なぁんて思っているうちに公開が終わってしまった映画でした。

あらすじはallcinemaより引用です。

ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリーに想いを寄せるごく普通の高校生。そんな彼は冬のある日、川に転落してしまう。だが、溺れそうになったデヴィッドは次の瞬間、図書館へ移動していた。自分にテレポート能力があると知った彼は、母が家を出て以来、人が変わってしまった父のもとを離れニューヨークへ。そして、その力を使って銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫するのだった。しかし一方で、デヴィッドと同じ能力を持つ“ジャンパー”たちの抹殺を使命とする組織“パラディン”のリーダー、ローランドにその存在を気付かれ、つけ狙われ始める。10年後、瞬間移動で世界中を旅していたデヴィッドは偶然ミリーと再会、またやがてジャンパーのひとり、グリフィンに出会うのだが…。

こんなこといいな、できたらいいな…なお話。


お話的には、なんてことない話です。あらすじを引用したallcinemaでは、

スティーヴン・グールドの傑作SF小説『ジャンパー 跳ぶ少年』を映画化。

ということですが、私がレンタルしているfastsoというところの解説を見ると、この小説は大人向けのものではなく、Young Adult向け、日本で言うところのジュブナイルなんですよね。別にジュブナイルだから傑作SFじゃないということを言うつもりはありませんが、主にティーンエイジャーを対象としている小説が原作ということを考えれば、お話自体はこんなもんなんでしょう。特に前半の主人公の行動(テレポートする力を使ってお金を盗みに行ったり、ロンドンまで飲みに行ってナンパしたり…)というのは、若者が「あぁ、僕にもこんな力があったら、絶対こうするな!」っていうことを見事に表しているように思いました。

そんなわけで、あまり深い物語を期待してみると、かなり肩すかしをくらうのではないでしょうか?

じゃ、つまらんのかとえば、そうでもなかったです。テレポートする映像はなかなかよかったし、この能力を使いながらの格闘シーンなども、テンポがあってよかったと思います。こういうシーンというのは、映画館で観たほうがおもしろかったかもしれませんね。

そして、この映画では主人公の敵役をやっているサミュエル・L・ジャクソン。彼はいいですね。こういう「ちょい悪」系の役がやはりあっているように思います。

比較的短い映画ですし、肩の力を抜いて観る分にはまずまずではないでしょうか。

☆☆☆(私もヒロインは子供の頃の方がかわいかったと思います)

【関連商品】

ジャンパー (特別編)ジャンパー (特別編)
ヘイデン・クリステンセン, サミュエル・L・ジャクソン, ダイアン・レイン, ジェイミー・ベル, ダグ・リーマン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-07-23
売り上げランキング : 355
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャンパー 上 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)ジャンパー 上 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)
公手 成幸

早川書房 2008-02-08
売り上げランキング : 112174
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャンパー 下 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6)ジャンパー 下 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6)
公手 成幸

早川書房 2008-02-08
売り上げランキング : 153632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/542-e003a75c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。