--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.16

Perfect Creature(パーフェクト・クリーチャー)

Perfect Creature観たい、おもしろそう!ということよりは、ニュージーランド映画ということでレンタルしてみた映画です。こんな映画、日本ではやってないんだろうなぁと思ったら、案の定、劇場未公開でした。しかしDVDは出ていて、ちょっとびっくり。

久しぶりにあらすじはオリジナルで行きたいと思います。(AmazonやIMDBを参考にさせていただきました)


人間とヴァンパイアが共存する世界。しかし、突然変異により人間を襲うヴァンパイアが出現、その均衡は破られてしまう。事態を重く見た教会は、 Brotherと呼ばれる修道僧でもあるヴァンパイアのシリウスを、このヴァンパイアの捕獲に向かわせる。かくして、人間である刑事のリリーとともに、シリウスはこのヴァンパイアを探すのだが…

悪くはないけど、ちょっと物足りない感じ。


以前も少し書いたように、SciFiものや、この映画のように「現実とはちょっと違う世界」というのを舞台とした映画の場合、どこかでその世界観やら背景やらを解説しなければならないわけで、それを登場人物の回想シーンで語らせたり、あるいはもっと直接的に、冒頭で字幕で説明したりします。その中でも字幕で世界観を説明された場合、そして日本語字幕のない状態で観た場合は、私の英語力の問題もあり、すべてを理解することができません。おかげで十分に内容を理解できない、そして映画自体を十分楽しめなくなったりすることがあったりします。

で、この映画、まさにそのパターンで、冒頭で字幕による世界観・時代背景の説明から入ったのです。残念ながら私、全部を読み切ることができませんでした。DVDで観てるなら、一時停止すればいいじゃん!と言われそうですが、なんだか映画を止めながら見るのは邪道のような気がして止めませんでした。それでもなんとかわかる場合もあるし。でも、今回はだめでした。とほほ。

と、いうことで、正直今ひとつ内容に入りきれなかったことがこの映画を物足りなく感じた理由のひとつなのは間違いありません。でも、その世界観・時代背景の理解が欠けていたとしても、ストーリー自体は単純で、よくあると言えばよくある話です。なのでもっとおもしろいと思ってもおかしくはないような気がするのです。

しかし、残念ながらいまひとつという感想。それは、アクションシーンが今ひとつというところが大きかったからでしょう。主人公でもあるヴァンパイアのシリウス、なんか弱っちいのです。すぐ気絶しちゃうんです。まぁ映画的にもアクションを全面にという映画ではないのは確かですし、「ブレイド」みたいにやたら強いのもどうかと思いますけどね。でもちょと盛り上がらない感じがしました。

それからこの映画、ニュージーランドロケが行われているはず(確か、ダニーデンのあたりで行われたとか…)なので、そのあたりも楽しみにしていたところでした。しかし、街が中心の話(ロード・オブ・ザ・リングのように広大な大地とか出てこない)だったこともあってか、全然わかりませんでした。あのちょっと古い感じの町並みは、確かにニュージーランドのどこかの街にありそうだなぁとは思いますが、どことまではわかりませんです。

ただ、舞台となっている、ちょっとスチームパンクな感じの世界。空を飛行船が飛び、テレビは白黒でブラウン管は丸。刑事たちが使っている拳銃も少し時代がかった感じだったりと、その雰囲気はかなり私好みでありました。スチームパンク系の好きな方には、けっこうおすすめできる映画かもしれません。

☆☆☆(蒸気機関は出てこないけど雰囲気はスチームパンクなのさ!)

【関連商品】

パーフェクト・クリーチャーパーフェクト・クリーチャー
グレン・スタンドリング

日活 2007-10-05
売り上げランキング : 49433
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/526-3df5ab1c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
本日(7/18)、Wowowで14時35半から放送がありますよ。
ちょっと観られそうもないですけど・・・。
タイムリーな話題ですね。
主人公のダグレー・スコットさんって形容すると、
アントニオ・バンデラスの弟みたいな感じでしたっけ?
PS.私が誰だかお判りですよね?イニシャルで入ってみました。
Posted by C・M at 2008.07.18 17:14 | 編集
コメントありがとうございます>C.M.様

ご無沙汰しております…(^_^;
Wowowで放送されるんですね。
でも、昼間の放送ってところがなんとも…

主演のダグレー・スコット、まさにアントニオ・バンデラスの弟みたいな人です。でも、お兄さん(?)ほど強くない(役)でした。
Posted by nzsheep at 2008.07.18 18:05 | 編集
すいません・m(__)m
番組表を見誤っていました。
夜中の2時35分でした。
つまり、7月19日というワケです。

でも、昼間の放送ってところがなんとも…
と、言われるところをみると
何か危ういシーン?でも??
どっちにしても観られそうにありません。
録画して後から観るのって
かえって観ない確立が多い気がしますしね。
興味はあります。

最初、イニシャルと思いながら
C・Rにしてて
慌てて変更したC・Mより。


Posted by C・M at 2008.07.19 02:15 | 編集
コメントありがとうございます> C・M様

いえ。別に昼間の放送には危ういシーンがあるというわけではありません。ちょっとグロ系な場面はあるので、適さないとは思いますけど…。
「なんとも」と書いたのは、まぁそんな扱いの映画なんだなと思いまして。話題作とか、注目作だったら、通常19~23時くらいの間で放送しませんか?

ビデオに撮るとかえって見ないというのもよくわかります。見られると思うと、ついついって感じですよね。私も日本の実家に、見ていない映画のビデオがたくさんあります…(^_^;;;
Posted by nzsheep at 2008.07.19 18:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。