--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.18

The Tattooist

The Tattooistまたちょっと更新をさぼってしまいました。ちょっとばたばたしていたもので…

で、一段落したところで見たのがこの映画、「The Tattooist」でございます。残念ながら日本未公開のニュージーランドのホラー映画です。

アメリカ人彫り師(Tattooist)のジェイクは、シンガポールで行われた「Tattoo Expo」で美しい女性シナに一目惚れする。シナの後を追ったジェイクは、サモアの入れ墨の儀式に遭遇、サモアでの入れ墨に使われる道具を、まるで魅入られたかのように盗んでしまう。その道具で手のひらに傷をつけてしまったジェイクは、悪夢に襲われる。シナに会うために、そしてこの道具を返すためにニュージーランドのオークランドに向かったジェイクだが、そこで恐ろしい事件に巻き込まれていくのであった…


と、いうような、サスペンス・ホラーといった感じの映画です。

実はこの映画、最初に観たときに肝心なところで疲れて寝てしまったので、二回観ました。おかげで、英語字幕なしのDVDでしたが、けっこうよく理解することができました。

それはそれとして、映画の中身的には、なかなかおもしろいし、いい感じで怖い映画でした。特に、入れ墨の黒と血の赤が混ざった感じというのは、なんとも不思議な怖さがありました。入れ墨とホラーという組み合わせ、なかなかいいんじゃないでしょうか。

ただ、ストーリー的には、比較的ありがちな物語とも言えないこともありませんので、コアなホラー映画ファンには、ちょっと物足りないかもしれません。

映画の本筋とははずれますが、日本ではどうも入れ墨というと、ヤのつく自由業の方とか、あまりいい印象がありませんよね。昔罪人の印として使っていたからかもしれませんが。それに引き換え、西洋人って軽い感じで入れ墨入れますよね…二度と消えないのに、普通にファッションの一部という感じで。サモアなどの南方系の島々など、単なるファッションではなく、様々な意味を含めて入れるものは、それぞれの文化に根ざしたものですから、いい悪いというのもないんですけど、どうもいわゆる西洋人のあの軽い感じが、なんとも理解しがたいところがあります。こういう考えって、ちょっと古いんでしょうかねぇ…

(題材的にはおもしろいと思います)

【関連商品】

TATTOO GALLERY (富士美ムック)TATTOO GALLERY (富士美ムック)
Fujimi Mook

富士美出版 2004-12-08
売り上げランキング : 9474
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/498-f5dc86d1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。