--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.06

あぁ、南極…

ここニュージーランド、クライストチャーチは、とても南極と関わりの深いところだったりします。

アーネスト・シャクルトンロバート・スコットは、ここクライストチャーチから南極探検に出発して行きましたし、現在も国際南極センターという施設や、ニュージーランド、イタリア、アメリカの南極観測隊の中継基地があったりします。

そしてこの南極は私にとって、“夢の場所”だったりするのです。


それは確か高校生の頃だったと思います。「行ってみたい、あこがれの場所はどこ?」という質問に対して、適当な外国が思いつかなかった私は、思わず「南極」と答えました。と、いうのも、ちょうどその頃、家のわりと近所にあった電気屋さんからもらった南極のカレンダーが部屋にかけてあり、その写真のあまりの美しさに魅了されていたからなのです。

実際のところは、それほど行きたい、行ってみたいなんて思っていたわけでもないのですが、一度口に出してしまうと、不思議と「俺ってそうなんだ…」みたいな雰囲気になるもので、その後は、同類の質問に対しては「南極」と答えるようになっていました。そしていつしか、どうしたら南極に行けるのか(ちなみに、私は南極観測隊として行くことにあこがれていました)半分本気で考えるようにもなっていました。

しかし、そんなに簡単に南極観測隊になれるわけもなく(正直言えば、そんなに詳細に調べたわけではなく、そうだろうという憶測がほとんどです)、いつしか南極は“あこがれ”というよりも、おそらく届かない、ある種届いてはいけないような“夢の場所”になったのでした。

と、なんでこんなことを書いたかというと、実はこのDVDを見たからです。

DVD ICE

これは、TV1という放送局で放送された番組のDVDです。TV放送されていたときは、まったく知らなかったのですが、店頭で見かけてすごく見たくなり、レンタルで見ることにしました。

で、このDVDを見たら、やはり南極に行ってみたいという思いと、同時に、南極が南極であるためには、あまり人間が行くべきではないところなんだ…という、ちょっと複雑な気分になってしまいました。

ニュージーランドのTV番組のDVDではめずらしく、英語字幕もついているので、値段が安くなったら買って、また見てみたいと思います。そして、このDVDを見て、南極に行ったつもりになるのも、そんなに悪くないような気がします。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/468-7a5c7b8f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。