--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.19

フラガール

photo
フラガール メモリアルBOX
松雪泰子 豊川悦司 蒼井優
ハピネット・ピクチャーズ 2007-03-16
評価

虹の女神 Rainbow Song 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set UDON プレミアム・エディション ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

by G-Tools , 2007/07/19

いつもお世話になっているMさんよりメモリアルBOXをお借りして鑑賞。特典映像もほぼすべて見ました。

いやぁ、感動しました。


常磐ハワイアンセンター。関東地方の方なら一度は聞いたことがある名前でしょう。私は小さい頃に連れて行ってもらった(というか、連れて行かれた)かすかな記憶があります。この常磐ハワイアンセンター(現スパリゾート・ハワイアンズ)の設立時のお話。

実は、この映画がそういう映画だということも知らなかったし、常磐ハワイアンセンタ-のあたりが炭坑だったの言うのも知りませんでした。なので、ハワイアンセンターの設立にこういう裏があったというのには、正直驚きました。お話自体は、よくある展開の話なのですが、実話をベースにしているというところが、この映画の話に厚みを持たせていると思います。(実話ベースと言っても、そこは映画ですので、ドラマチックになるような話にしてはいるようですね。特典ディスクを見てみると、この映画の松雪泰子演じる踊りの先生のモデルの方が登場しますが、映画の先生のように“やさぐれて”来たわけではないようです…)

都会から来て、ちょっとやさぐれた先生、そんな先生と最初は反目しながらも、やがては尊敬するようになる生徒たち、親子の対立と和解などなど、期待した通りの展開なのですが、それがこの映画にはよくあっているのではないでしょうか。

松雪泰子をはじめとする出演陣の見事な踊りにも感動させられました。

いやぁ、映画って、本当にいいものですね…という気分になった映画でした。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/402-81b12c14
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
観に行ってないのですが、最後の一行がウケました。
今度は‘シベ超’でも紹介して下さい。
Posted by かるろす まこう at 2007.07.19 18:47 | 編集
滅多に映画の趣味があわないうちのじいちゃん(父)まで巻き込み、皆でうるうるぼろぼろ(その後、家庭内で「ストーブ貸してくんしゃい」が流行)観ました。ちなみに、他に、父も気に入った(父にもわかった)映画に「パッチギ!」があります。今年私が気に入ったのは「マーダーボール」ですが、これは父には刺激が強すぎるだろうと判断し見せていません(笑)。なんか、ぶっとび映画ばかり並べてしまいましたが、わたくし本当に好きなのは「ショーシャンク‥」とか、もちょっとまともな系統でございます。念のため。
Posted by K.H at 2007.07.19 23:45 | 編集
コメントありがとうございます。

> まこう様
いい映画ですので、是非。
「シベ超」は、第一作は見ました。しかし、あんな迷作は、私の稚拙な文章では紹介しきれません…(^^;

>K.H様
「マーダーボール」、残念ながら私は見ていないのですが、かみさんはクライストチャーチの映画祭で観に行き、とても気に入っていました。最近CD屋さんでDVDを見かけたので、こんどレンタルして見てみたいと思います。
Posted by nzsheep at 2007.07.20 19:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。