--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.02.10

家に棲むもの 小林泰三

4月末まで有効のBOOK OFFの金券があったので、それでちょっとお買い物。
先日読んだ「玩具修理者」がおもしろかったので、同作者の本を買ってみました。それがこれ。

家に棲むもの
小林 泰三

発売日 2003/03
売り上げランキング 61,241

おすすめ平均
ど真ん中直球で
泰三の世界
恐怖のオチを期待したが

Amazonで詳しく見る4043470053

前回ほどのインパクトはなかったものの、なかなか読ませる短編集でありました。
この本は、全7編の短編集。
玩具修理者」同様、オチが読める作品もけっこうあるのですが、それぞれの作品とも、いいできなのではないでしょうか。

個人的には「食性」や「五人目の告白」あたりがよかったかなぁ…。
それから「肉」は、特に前半のちょっとおかしい感じがグッドでしたね。

ところでこの作者、私はてっきり「こばやしたいぞう」だと思っていたら「こばやしやすみ」だったんですね・・・
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/39-53fe62db
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。