--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.06

テロリストのパラソル

photo
テロリストのパラソル
藤原 伊織
講談社 1998-07
評価

てのひらの闇 シリウスの道〈下〉 シリウスの道〈上〉 ひまわりの祝祭 雪が降る

by G-Tools , 2007/06/06

先日お亡くなりになられた藤原伊織氏の小説。前々からちょっと読んでみたいと思っていたのですが、なんとなく機会がなく読んでいませんでした。が、最近クライストチャーチの図書館に置いてあるのを発見。読んでみることにしたのでした。

久しぶりの冒険小説というかハードボイルド小説。最後は一気読み。


そのくらいおもしろかったということです。

登場人物たちが魅力的。主人公を初めとし、脇役たちもなかなかに個性的。いずれも憎めない人物達でした。

また、セリフ回しも私の好きなタイプでした。思わずニヤリとしてしまうようなセリフがたくさん出てきました。

そしてストーリー。ミステリーとしても楽しめました。

ただ、このタイトルの意味がわかるまで長過ぎというか、ちょっとそれはどうよ?という感じがしましたけど…

久しぶりにこの類いの小説、それも日本語で読んだということもあって、やや甘めの評価という気もしますが、直木賞と乱歩賞のW受賞をするだけの本ではあったと思います。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/375-f0a19350
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。