--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.14

アカロア・コッド

昨日、めんどうだから昼食は「フィッシュ&チップス」にしてしまおうということで、友人宅からの帰り道、はじめて行くお店で買ってみることに。

ただのフィッシュ&チップスだけじゃつまらない(?)からということで、ちょっとだけ安くなっていたクラムド・アカロア・コッド(crumbed Akaroa cod)も買ってみることに。

crumbedというのはパン粉をつけて揚げた、いわゆる日本で言う“フライ”のこと(これに対して、通常のフィッシュはbatteredという天ぷら衣のようなもので揚げたもの)で、Akaroa Codというのは、アカロア(地名)でとれるタラの一種。

何の気なしに注文したのですが、できあがりを見て驚いた!


写真がこちら。

アカロア・コッド

ガムのボトル、上に置いたボールペンから、その大きさがお分かりいただけますでしょうか?あまりの巨大さにびっくりしました。自らの重さで割れてしまっています。ちなみにお値段、NZ$2.80(約250円/コッドのみ)です。

この巨大コッドと通常のフィッシュとチップスを二人で食べたのですが、大量の揚げ物(油物)のおかげで胸やけ&胃もたれ。晩ご飯は食べられませんでしたとさ。

気分は若くても、体は着実に年をとっていることを、あらためて認識されられました…

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/360-203c44d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。