--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.07

ジャックの件の続報

早いもので今週も水曜日。もういくつ寝ると、スーパー14も第6週目を迎えます。

えっ?第5週はどうだったのかですか?日本でJ-SPORTSの放送を楽しみにしている人も多いと思いますので、結果はあえて書いておりません。放送をお楽しみ下さい。(実は第5週については、ハリケーンズ v ブルーズだけTV観戦、いつもなら他の試合はダイジェストで見るのですが、この間は仕事で見られませんでした…)

それはそれとして、先日「ジャック、お前もか!?」というエントリで、All Blackでもあり、Crusadersの選手でもあるChris JackがイングランドはSaracensから、ワールドカップ後に来て欲しいというような話がある旨、お知らせしました。今日、新聞に続報が出ていましたので、簡単にご紹介。


記事のタイトルは「Tew relaxed on Jack talks」。

The New Zealand Rugby Union has taken a relaxerd approach to news All Blacks lock Chris Jack has begun preliminary talk with English club Saracens.

ということで、ユニオンも、とりあえず話を聞き始めたところといったところでしょうか。ちなみにタイトルの「Tew」というのは、ニュージーランド・ラグビー・ユニオンのdeputy chief executive、Steve Tew氏のことです。Tew氏曰く、

We're not keen on losing any players, to be fair, but the reality is the rugby market now is very global..

と、いうことで、ある程度は仕方ないという見方でしょうかね。

Jack's former All Black captain, Taine Randell, who ended his association with Saracens last season, said the move would be a good one for Jack.

"They are going very well this season, they seem to have got a good mix management-wise and I think Chris will do really well at Saracens," he said.

なんて言われちゃうと、JackのためにはSaracensがいいのかなぁ…なんて思ってしまったりしますが…。やはりいなくなるのは寂しい…

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/324-82adf5de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。