--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.12

日本人の毛刈り職人

えっと…しばらく放置状態が続いていた本ブログですが、方向性もあまり定まっていないのですが、ぼちぼち続けていくことにしました。

で、今日、クライストチャーチを中心に発行されている「The Press」という新聞を見たら、こんな記事が出ていたのでご紹介。

Japanese shearer

日本人でシェアラー(毛刈り職人)になった方のお話です。


シェアラー(Shearer)というのは、上でも書いたように毛刈り職人のこと。そもそもシェアー(Shear)というのは、毛刈りをするときのハサミのことで、ここから毛刈り職人のことをシェアラーと言うようになったそうな。

で、この記事の方、Keita Kawazuさんは、現在タイタプ(Tai Tapu)というところで、このシェアラーをされているとのこと。上記の写真の記事以外にも、こんな大きな記事にもなっていました。

New Face of shearing

このシェアラーという仕事、かなり体力的にも厳しい仕事で、35歳くらいで引退するのが普通と私は聞きました。しかし、このKeitaさんは現在36歳。すごい!。

記事を全部きちんと読んだわけではないのですが、やはりニュージーランドでの生活が気に入ってしまい、こちらで働くようになったようです。

こういう方を見ると、自分もがんばろう!という気になります。あとひと月もすると、年齢の10の位が変わってしまう私ですが、気持ちはまだまだ若いつもりですので、このKeitaさんに負けないよう、がんばりたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/306-29ea8ea3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。