--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.31

男たちの大和

男たちの大和 / YAMATO 男たちの大和 / YAMATO
反町隆史 (2006/08/04)
東映
この商品の詳細を見る

いつもお世話になっているKさんから借りてきて見ました。

Kさん曰く、「スプラッター映画だ」ということだったので、どんなもんじゃい?と思って見たのですが…


戦争ものでスプラッターな感じと言えば、私は「プライベート・ライアン」冒頭のノルマンディー上陸作戦を思い出します。それに比べれば、この映画のスプラッター度は低いんじゃないかなと。

しかし、一般的に戦争映画の場合、陸軍のようなまさに“人”が戦っているところでスプラッター的(というか、戦いをリアルに描くということですけど)な描写は多いけれど、この映画のように艦船に乗っている兵士の状況をリアルに描いたものはほとんどないのではないでしょうか?

例えば飛行機や戦車、そしてこうした戦艦などの艦船が攻撃されて被害が出る…なんとなっく、その“機械”だけが壊れるようなイメージが先行してしまいますが、その中には間違いなく“人”が乗っているわけで、特に艦船に対する航空攻撃によって艦船上の戦闘員に被害がでるというのは、わかっているようでわかっていないというか、少なくとも私はあらためて気付かされた気がしました。

名前が大きく出ている反町隆史、中村獅童のふたりのキャラクターを、もう少し掘り下げてほしかったような気がしたり、鈴木京香はいくら実の娘ではないとは言え、ちょっと若すぎないか、とかいろいろ気になるところもありましが、まずまずの映画だったのではないかと思いますけど。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/294-2618ff60
この記事へのトラックバック
「男たちの大和 / YAMATO」へのトラックバックを受け付けました。
男たちの大和 / YAMATO | amaseek.jp at 2006.10.31 06:43
2005年4月。鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)を連れて行くことに。かつて大和の乗組員であった神尾は、およそ60年前の、あの戦争の日々を思い起こしていく……。辺見じゅんの同名ドキュメント小説を
男たちの大和 / YAMATO | 1-kakaku.com at 2006.11.14 01:11
日本・モンゴル合作映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」(3月3日公開、澤井信一郎監督、森村誠一原作)のジャパン・プレミアが22日、丸の内・東京国際フォーラムで行われ、公開前に60か国で配給が決定したことが発表された。邦画実写映画史上最多の公...
「蒼き狼」世界へ“出陣”…60か国で配給決定 | 宝くじ@全国自治宝くじ情報館 at 2007.02.23 17:12
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。