--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.27

FUN WITH DICK & JANE (ディック&ジェーン 復讐は最高)

ディック&ジェーン ディック&ジェーン
ジム・キャリー (2006/06/07)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

ニュージーランドの宅配DVDレンタルサービス「fatso.co.nz」に登録、とりあえず2週間で見られるだけ映画を見てやる!状態に突入しました。

で、最初に見たのがこの映画

怪優ジム・キャリー主演のコメディーです。


個人的には、競演のティア・リオーニがけっこう好きだったこともあってチョイスしてみたのですが、ま、期待通りくらいには笑わせてくれましたね。

ジム・キャリーって、あのなんとも言えない独特の動きにいつも目を奪われてしまうのですが、この作品では、そういう部分ではややおとなしめかも。しかし、所々で見られる動きはやはりジム・キャリーならではなでしょう。

一方、個人的には注目していたティア・リオーニ。どちらかと言えば美人女優で、こういうコメディーはどうなんだろうと思っていたのですが、思っていたよりはいい感じかなと。と、いうか、ティア・リオーニって、前はもっとかわいくなかったっけ?

二人が愛し合っているのはいいのですが、やたらめったらキスしようとするのは、ちょっとどうなのかと思ってしまったのは、私が日本人だからでしょうか?

fatso.co.nz

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/289-e2b28fdc
この記事へのトラックバック
「ディック&ジェーン」へのトラックバックを受け付けました。
ディック&ジェーン | amaseek.jp at 2006.10.27 06:53
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。