--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.30

ジャンボ・バッタ…それはウェタ(Weta)

このひとつ前のエントリに、こんなコメントをいただいた。せっかくネタふりをしていただいたので、これについてちょっと書いてみることにした。いただいたコメントは以下の通り。

3/28朝日新聞でそちらの森に絶滅危惧の体長が15cmにも達するバッタがいるそうで...。
遭遇されたらタバコでも横に置いた画像が見たいなと思いまして(あっ禁煙成功されているのでしたね ^o^;)
(改行位置は引用者が変更)

ネットにも記事があるかなぁと思ってAsahi.comを見てみたのですが、どうも載ってないようで…(ま、ニュースとは違うような気がするので、ないんでしょうね…

で、元記事を見ていないのですが、この“バッタ”っておそらく「ウェタ(Weta)」のことですよね?私のイメージとしては“絶滅危惧”“体長が15cm”というところを見ると、おそらく「ジャイアント・ウェタ(Mahoenui giant weta)」のことではないかと…


このWetaですが、“バッタ”というよりはでかい“コオロギ”に“アリの頭”をつけたような昆虫というのが私のイメージです。つーか、カマドウマに近い?

で、知らない方のために画像がないかと探しました。大きさがわかるようなページと言うと、これとかこれがよろしいかと。そらから、ともかくいろいろ見たいということであれば、こちらをどうぞ。そうそう。虫が苦手という方は、くれぐれもご用心。けっこう、気持ち悪いうか、怖いです。

ちなみに私はWetaの実物は、博物館でしか見たことがありません。実物というか標本ですけど。6年ほど前にニュージーランドを訪れた際、Wanakaというところで、ちょっとしたガイド付きのトレッキングというかウォーキングツアーに参加したのですが、そのときガイドの人が石をどかしたりして探してくれたのですが、残念ながら(幸運なことに?)実物は見られませんでした(というか見ずにすみました)。

と、いうことで、残念ながらそう簡単には遭遇できないと思います。ごめんなさい。上記のリンクで見てみてください。>thin_lock 様

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/266-44690c28
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
興味を持って早速、取り上げていただき感謝します。
おっしゃる通り「ウェタ」です。最近、アルツか物忘れが激しいです...。
東京新聞に朝日新聞と同じ記事を見つけました。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sci/20060321/ftu_____sci_____002.shtml
家に飛び込んでくることを願っていますね m(_ _)m
Posted by thin_lock at 2006.03.30 18:34 | 編集
コメント&記事情報ありがとうございました>thin_lock様

記事、拝見しました。論文発表があったんですね。でもこちらでは話題になってなかったような気が…ま、新聞はとってないので知らないのかもしれませんけど… (^^;

ところで、この記事で『ニュージーランドはヨーロッパ人の入植前はネズミがいなかった。』となっています。
確かにその昔、ニュージーランドには陸生ほ乳類がおらず、そのために鳥類の天国となり、飛べない鳥がたくさんいる…というのは事実です。
ただ、ネズミがNZに来たのはマオリが来たときと言われているので、ヨーロッパ人が入植した頃にはいたような気がします…。

ま、大した話じゃないですけど…
Posted by nzsheep at 2006.03.31 08:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。