--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.18

神ヨ、ロビタヲ、救イタマエ

engadgetというブログで見つけた記事。

Korea to introduce household bots to watch the kids, clean and order pizza

韓国のMinistry of Information and Communications(情報通信省とでも訳すのかな?)が、今年の10月にネットに繋がる家事ロボットを発表したいと考えている…という記事。

タイトルにもあるように、子供の世話(監視)をしたり、掃除をしたり、ピザの注文ができるらしい。(^o^)

で、engadgetでは、ロボットのイメージとして映画「アイ,ロボット」に出てきたロボットの写真が出ているのですが、私はふと「ロビタ」を思い出してしまいました。

「ロビタ」というのは、手塚治虫の「火の鳥」に出てくる“家事ロボット”です。

(どんな姿か知りたい方はこちら、ロビタについてくわしく知りたいかたはこちらをどうぞ)

で、ふと思ったのですが。

こういう家庭内で使うロボットって、実はあまり人に似せない方がいいんじゃないでしょうか?
似せるなら、映画「ブレードランナー」に出てくるレプリカントくらい、まったく人間と同じようにならないと、かえってなんというか、生理的に抵抗感が出そうな気がするんですけど、どうでしょう?
(ちなみに、私は映画「アイ,ロボット」のロボットは嫌い。と、いうか、どことなく気味が悪い…)

そいう意味では、ロビタのようなデザインって案外いいんじゃないか?なんてことを考えてしまいました。(もちろん、あのデザインで実際に動ければ・・・ですけどね)

どんなロボットが(そして本当に)発表されるのかはわかりませんが、ちょっと楽しみのような、ちょっと怖いような…
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/248-312c13b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。