--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.10

さくしの世界

“さくし”と言っても阿久悠とは関係ない。漢字で書くと「錯視」。

さくーし【錯視】
[心]視覚における錯覚。大きさ・長さ・方向などが客観的なそれらとは違った見え方を生ずる現象。たとえば、地平方向に現れた満月が、店長に見えるそれよりも大きく見える現象や幾何学的錯視がある
(以上、広辞苑より引用)

ということです。

昨日『超常現象の謎解き』というサイトを見ていたら、これまたびっくりの錯視にお目にかかってしまったのでご紹介。


是非、以下のリンクからご覧になって下さい。

超常現象の謎解き Step 1 (視覚篇)

このページの一番最初に出てくるものが“それ”です。

見ました?

驚きじゃないですか?

私、思わずこの図形をダウンロードして、実際に画像処理ソフトで色の確認をしてしまいました…(^o^;;;;

このサイト、もちろんテーマは“錯視”ではありません。
超常現象について、科学的に見た場合どうなのか?ということを書かれています。
私もこのテーマについては好きで、このサイトの「参考文献」にあがっている本は、何冊か読んだことがあります。なので、非常に楽しめました。

中には(今でもよく出ているのかどうか知りませんが)TVによく出ている細○なんとかというおばちゃん占い師の話もあります。もともと私はあのおばちゃんが嫌いだったので、興味深く読ませていただきました…(^o^)

なかなかボリュームのあるサイトで、さすがに全部は見ていないのですが、なかなかおもしろいですよ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/242-10cf7513
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。