--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.07

今週見た映画(7/31 - 8/6)

なんとなくバタバタで2本しか見れず。
ただし、本当に久しぶりに映画館で、しかも正規料金で「あの映画」を見てしまった…。

B000AJOF1Qサンダーバード
ビル・パクストン

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-09-23
売り上げランキング : 1,566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この映画が公開される直前くらいに、FMかなにかで「これはサンダーバードへの冒涜だ!」とか「オリジナルのサンダーバードのスタッフが、この映画のエンドクレジットに名前を出さないように頼んだ」とかいう話をしていたのを覚えている。
で、実際に見てみると、確かにそういう反応が起きることもわからないでもない感じ。
なんともお子様向け映画となっていて、それこそ先週見た「ゴジラ・モスラ・キングギドラ…」よりもお子様向け映画。ほとんどひねりのないストーリー、どこか悪さがマイルドな悪役、がんばって成長する子供達…。映画としてはおもしろくない方の部類に入る気がする。
ただ、ニューデザインのサンダーバードマシン。最初デザインだけ見たときは、なんかなぁと思ったものの、実際に映画の中で動いているのを見ると、そんなに悪くないかなぁ…と。


スターウォーズ エピソード3 シスの逆集
スタウォーズ エピソード3 シスの逆集
(リンクはスターウォーズ日本語公式HP)

すでにNZでは公開が終わっているし、エピソード1を除いてすべてのスタウォーズは劇場で見ていたので、最後と言われているこの作品、日本に居る間に見ておかねばと思って、大枚1,800円を払って有楽町の日劇で見て来ました。
当然のことながら、初代のスターウォーズ(エピソード4)に繋がる物語ということで、ある種、水戸黄門のように最後はこんな感じだろうという予想はつくわけで、見終わったときには、なるほどね、ほ~っという感じは少しはあったものの、ふ~んという感じで特に感銘はなし…。おもしろくないわけではないけど「すっげーよかった!」みたいなものも感じず、ちょっと物足りなかったというのが正直な感想。やっぱり「亡国のイージス」を見ればよかったかしら…。
しかし、戦闘シーンなどはやはり劇場の大画面で見るのは、迫力が違ってよかったかな。

画像が使えなくて寂しかったので、サントラのジャケットを下に。
B000850IS6Star Wars, Episode III: The Revenge of the Sith [Original Motion Picture Soundtrack] [Includes Bonus DVD]
John Williams John Williams London Symphony Orchestra

Sony 2005-05-03
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/143-09ff41d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。