--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.07.21

気持ちは痛いほどわかるぞ…

少々古めの記事ではありますが、CNN.co.jpで紹介されていたニュースを見て。

運転中に腹痛、トイレ探して暴走 速度違反で逮捕

記事によれば、

カナダに住む19歳の少年が、制限時速100キロの公道を、2倍近い時速195キロで暴走し、スピード違反で捕まった。

で、なぜこんなことをしたかというと、

警察によると、少年は「ジムでプロテイン飲料を飲んだんだ。飲み過ぎて、ひどい腹痛に教われた。だからトイレに駆け込もうとしたんだ…」と、緊急事態だったことを訴えた。

まさに「出物腫れ物所嫌わず」。
この少年の気持ち、よ~くわかります。

私はそんなにスピードを出したわけではありませんが、やはり辛かったことがありました。

確か、結婚する前だと思うので、かれこれ6年くらいたつ話です。

その日、バンドの練習に出るため、車で首都高湾岸線を走っていました。すると、ちょっと尿意をもよおしてきました。首都高にもトイレはないことはないのですが、そんなに多くないし、私が走っていたあたりには、まったくトイレが出てこないところだたのです。
最初のうちは、なんとかスタジオにつくまでがまんできるかなぁ…と思っていたのですが、私の中のメーターは、どんどんレッドゾーンに向かっています。

や、やばい…。首都高を降りる前にレッドゾーンを振り切ってしまうのは、ほぼ確実な様相を呈してきました。
そのとき、車内に空いたペットボトルがあることに気がつきました。

いよいよとなったら、これに…。
そんなことも考えたのですが、万が一、500ml以上出そうな場合、かなり悲惨なことになることに気がつきました。一度やり始めたら、途中で止めることは、走ってくる暴れ牛を止めるよりも不可能なことです。

だんだんと、脂汗が出始めた私の目に飛び込んできたのは、高速道路に用意されている、退避エリアでした。

もうだめだ…。
私は車を止めて、車の陰にかくれながら、軽犯罪法違反を犯してしまいました。
ごめんなさい。

ニュースの少年のように腹痛でなかったことは、不幸中の幸いだったと思います。
さすがの私も、腹痛だったら…考えるだけで恐ろしい…。

さて、私はその後、無茶なスピードを出すこともなく、スタジオにほぼ予定通りにつくことができました。もちろん、おまわりさんのお世話になることもありませんでした。しかし、ニュースの少年は、

しかし、訴えは届かず、926カナダ・ドル(約8万6000円)の罰金と、30日間の免停を命じられた。

そうです…。

そんな不幸な少年に、合掌…

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/132-a0db4d9a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。