--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.06.06

キング短編集を読む

先日、家の近くの古本屋の『1冊100円、3冊200円』というコーナーで、スティーブン・キングの短編集を三冊購入。今日、すべて読み終わった。

いずれも(たぶん)今はなき「サンケイ文庫」の本で、昭和61~62年に一刷となっている。ん?この年代ってことは、西暦に直すと…(計算中)…1986~7年。おおよそ20年前の本なんですねぇ…。

Amazonで検索すると、新しい版として出版されているようなので、そちらのリンクを以下に。

スケルトン・クルー〈2〉神々のワード・プロセッサ
ナイトシフト〈1〉深夜勤務
ナイトシフト〈2〉トウモロコシ畑の子供たち

若干古さを感じる話もなきにしもあらずではあるものの、短編ならではのおもしろさがつまった作品集という気がした。
キングと言えばホラー…ではあるものの、この短編集の中には「狭義のホラー」という範疇で考えれば、ホラーと呼べないものも数点見受けられた気がする。特に「トウモロコシ…」に収録されている「死のスワンダイブ」という話は、恐怖を描いてはいるものの、ホラーではない気がする。しかし、一方で「まぁ、こういうのもホラーのひとつなのかもしれない」とも思うところもあったりして、なんとも複雑。

キングの作品自体は、昔けっこう読んだけれど、緻密な描写で惹き付けていく長編も悪くはないけれど、こうした短編によって、発想や物語の構成というところでも、確かにこの人はうまいと思わせられた気がする。

それぞれの本毎に気に入った作品はあるが、本として比べると、ありそうな恐怖を多く扱った感のある「トウモロコシ…」がよかったかなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/117-9f724a94
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。