--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.24

オールド・ボーイ(OLD BOY)

けっこう評判がよかったようなので、見てみることにした。

オールド・ボーイ プレミアム・エディション

発売日 2005/04/02
売り上げランキング 5,632

おすすめ平均
うーん・・・
韓国映画史上に残る傑作
目を背けたくなるようなバイオレンスシーン

Amazonで詳しく見るB0007INYIU

なんとも「痛い」感じのする映画だった。
もっと、サスペンス、サスペンスした映画を想像していたけれど、特に前半部分では笑わせてくれる(と、いってももちろん爆笑という類の笑いではないが)もあり、ちょっと驚いた。こうした笑いが入っている分、後半の盛り上がりがしまっているのかもしれない。

物語は「復讐」がテーマ。
私は「復讐したい…」というほどの強い感情を持ったことがないのでわからないが、復讐というのは人にとっての生きる意味、生きようという動機として、ともすれば愛情などよりも、もっと強く働くのであろうということを考えさせられる。と、同時に、復讐とはそれを行おうとするもの、そして周りのものにも、心の痛みのようなものを与えるほど強いものなのだろうと思う。
なので、この映画を見ていると、また見終わった後に、そうした痛みを感じてしまう気がした。

なるほど、話題になるだけのことはあると思ったし、映画としておもしろいと思う。ただ、「あー、おもしろかった。次何見よう…」なんて気分になるような映画とはちょっと違うな…と。元気なときに見ないと、やられてしまうかもしれない。

原作は日本のマンガで、なにやら結末は違うらしいけれど、マンガの方はどんなふうになっているのか、非常に興味がわいた。
今度、マンガ喫茶でも行って読んでみようかしら…。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/116-f8bdc662
この記事へのトラックバック
韓流ブームに乗っかって・・・ってわけじゃないけど・・・去年、評判の良かった作品なので見てみようかなっ・・・って事で。カンヌ映画祭でも審査員特別グランプリ?を獲得してるみたいだしーー。2003年製作のミステリー・サスペンス、120分もの。 あらすじ普通のサ
「オールド・ボーイ」 | ひらりん的映画ブログ at 2005.05.31 13:21
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。