--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.17

重力ピエロ

ここのところ、乱読状態なこともあって、なんだか本の感想のエントリばかりなのですが…ま、それもいいかと。
と、いうことで読むのを楽しみにしていた本。

重力ピエロ
伊坂 幸太郎

発売日 2003/04
売り上げランキング 7,916

おすすめ平均
さらっと読めたけど
たった一言のために。
地味で大人しいけどカッコイイ

Amazonで詳しく見る4104596019

またもや一気に読まされたというか、読ませてもらった。
レイプ、血の繋がり、放火、ストーカー…など、ともすると暗い感じの物語になりそうなこれらを、うまく料理してある話。
やはりミステリーのかたちにはなっている(事件は起こるし、今回は暗号まで出てくる…(^_^;)ものの、やはりその事件や謎解きではなく、登場人物たちの言葉に魅力がある。最後も不思議なすがすがしさがあり、読むのが終わってしまうことが、どこか残念と思ってしまいました。

ちなみに、この物語にも「オーデュポン…」の主人公や、「ラッシュ…」の登場人物が、ゲスト出演という感じで出て来ます。このあたり、作者が好きなのか、ちょっとしたファンサービスなのかわかりませんが、毎回ニヤリとさせられてしまします。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/110-3fa81b7a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。