--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.07

CASSHERN

今度は「新造人間キャシャーン」を原作とした映画「CASSHERN」を見る。
元がマンガ・アニメ、それを実写で、というところでは「デ」(昨日のエントリであげた映画)と一緒だが、「デ」よりは見られるだろうとの期待を持って鑑賞することに。

CASSHERN

発売日 2004/10/23
売り上げランキング 4,597

おすすめ平均
途中でギブアップ
こういう世界観が好き
非寛容の時代に生きる私達へ。

Amazonで詳しく見るB0001A7D0O


結果、私は結構好きだったりする。
まず出だしの絵が、昔MacのCD-ROMであった「GADGET」を思い起こさせる風景。と、思ったら、コンセプチャルデザイン/CGスーパーバイザーとして、まさにこの「GADGET」の生みの親dある庄野晴彦氏が参加していた。納得。少々くどい感じはあったものの、こいう世界は嫌いではない。また、この一種のくどさが、この映画の世界を印象づけることになり、物語に入りやすくしている面もあるのであろう。

また、主人公も「デ」のようなことはなく、しっかりした演技をしているので、安心して見ていられる。もちろん、その他の出演者達もいい役者が、きちんと効果的に出ていてよい。

脚本は、ちょっと説教臭かったり、最後の説明部分がちょっとと感じたけれど、物語としての体裁は整っている感じ。「デ」と違って、あくまでアニメは「原作」として、独自のキャシャーンを作り上げるということもよい方に作用したのであろう。

こちらもあまりいい評判はないようだが、私はけっこうおすすめしてもいいような気がする。

ひとつ言わせていただくと、大滝秀治。大好きな役者なのだが、秀じぃ(我が家での呼び名)の顔の大きなポスターや銅像はいかがなものか…。

(おまけ)
アマゾンでDVDを検索したら、こんなのも出て来て、ちょっと欲しいと思ったら、残念ながら「在庫切れまたは製造中止」になっていた…(T_T)
ミクロマン 03 タツノコファイト新造人間キャシャーン

発売日 2003/04/30
売り上げランキング 6,359


Amazonで詳しく見るB0006FQCGU
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://sheeptrack.blog3.fc2.com/tb.php/103-2e382d55
この記事へのトラックバック
CASSHERN 2004年映像は凝ってるし、キレイだと思えるところもあるけど、殆どが自己満足?こちらも公開前は話題になってた作品です。邦画でここまでのCG技術がきたんだねーと嬉しい反面、使い方が下手というか効果的に訴えてこないんだよね。観客に
CASSHERN | 真っ赤なメガネの言うことには その2 at 2005.05.09 08:26
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。